転職エージェントに関する基礎知識

無職中でも転職エージェントに登録できる?

更新日:

無職中でも転職エージェントに登録できるの?

仕事を辞めて無職の状態で、転職エージェントに登録できるのか疑問を抱えている方はいませんか?

サービスによっては、無職中の方が断られる可能性があります。

しかし、無職中だからといって転職エージェントを利用できないわけではありません。

むしろ、現職者よりも離職者を歓迎する転職エージェントも多く、その理由を幾つか挙げてみました。

・無職の人は何が何でも正社員になりたいと考えている
・自分にマッチする求人があれば直ぐに入社する可能性が高い
・転職エージェントは求職者を企業に紹介することで成果報酬を貰っている

現職者の場合は転職エージェントを利用して内定が出ても、「今の企業で働き続けた方が良いのでは?」「焦って転職せずに慎重に考えた方が良いのでは?」と見送ることもありますよね。

一方で無職中の人は内定を辞退する可能性が低いため、歓迎してくれる転職エージェントは意外と多いのです。

無職中の人に転職サイトがおすすめできない理由

無職中の人は、転職サイトや求人サイトを使って転職活動を行うべきではありません。

自分のペースで転職活動を進められるのが転職サイトの魅力ですが、無職中の人にとっては次のデメリットがあります。

・大量の求人情報が掲載されているだけで担当者が付いてくれない
・スカウトサービスを使ってもアピールできるスキルがないとオファーが来ない
・あまりにも無職期間が長いと働く意思のない人だと思われやすい

どれだけ求人に応募しても、書類選考すら通らずに面接までたどり着けないことはあります。

転職活動の全てを自分で行わないといけない大変さもありますので、転職のあらゆるサポートをしてくれる転職エージェントがおすすめです。

無職中の人に向いている転職エージェントはこれだ!

専門特化型の転職エージェントの場合、無職という理由で断られる可能性があります。

そこで、以下では無職中の人に向いている転職エージェントサービスを幾つか挙げてみました。

ハタラクティブ:フリーターから正社員になるまでを徹底的にバックアップしてくれる若者向けの転職エージェント
ジェイック:完全無料の就職講座や個別の就職相談などのサポートが豊富で、無職やニートの人でも使えるサービス
JobHouse(ジョブハウス):「化学・石油化学」「建築・住宅」「製薬・化粧品」といった職種を取り扱う工場・製造業特化型サービス

「今は無職中だから転職エージェントに登録できない・・・」と諦めている方はいます。

しかし、無職やフリーターから正社員を目指すためのサポートをしてくれる転職エージェントはありますので、是非一度登録してみてください。

現職に在職したまま転職エージェントを利用しよう

転職するに当たり、現職を退職してから活動するのか在職したまま活動するのか迷っている方はいます。

どちらにもメリットとデメリットがありますが、現職に在職したまま転職活動を行うべきです。

退職してからの転職活動には、次の4つのデメリットがあります。

・企業で働いていた時の給料がなくなるため、生活が困窮する恐れがある
・中々転職先が見つからないと、無職期間が長くなって応募先から怪しまれる
・「妥協してもどこかに入ろう」と自分が希望しない転職先を選んでしまうことがある
・失業期間が長引けば長引くほど意欲やモチベーションが低下していく

「今の仕事を早く辞めたい」という気持ちは分かるものの、現職に在職したまま活動した方がリスクが低いのは間違いありません。

「働きながらの転職活動は時間を確保できない」と悩んでいる方は、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントでは、下記のように面倒な転職活動を担当のコンサルタントやアドバイザーがサポートしてくれますよ。

・カウンセリングによるヒアリングで自分の強みを客観的に見出してくれる
・自分のスキルや希望と照らし合わせて豊富な選択肢の中から求人を紹介してくれる
・転職先の企業への応募や面接日程の調整を代行してくれる

今の仕事が忙しい方でも、転職エージェントを使えば大丈夫です。

業界の中でも大手のリクルートエージェントでは、No.1の転職支援実績を持っています。

現職を退職して無職の状態になる前に、リクルートエージェントに登録してキャリアアドバイザーと一緒に転職活動を進めてみてください。



-転職エージェントに関する基礎知識

Copyright© 転職しタイ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.