転職エージェントに関する基礎知識

ブランクありでも転職エージェントがおすすめの理由

更新日:

ブランクが長いと転職で不利になりやすい理由

会社を辞めてから転職活動を行う人は少なくありません。

しかし、直ぐに内定を貰えずに時間が経過すると、ブランク(離職期間)が長くなる恐れがあります。

ブランクが長いと転職では不利になりやすく、その理由を幾つか見ていきましょう。

・「仕事へのやる気がないのでは?」「働く意欲が薄いのでは?」と面接官に仕事に取り組む姿勢に疑問を抱かれる
・エンジニアなどの技術職の場合は特に、持っている業界知識やスキルが古いのではないかと判断される
・うつ病などの精神疾患を患っていた人は、余計な心配や不安を担当者に与えてしまう(企業側は健康な人材が欲しいと考えている)

中途採用では即戦力になる人材が求められていますので、ブランクの期間が長ければ長いほど転職の足かせになりやすいわけですね。

ブランクありでも転職エージェントがおすすめの理由はこれだ!

ブランクが長くなり、「自分はもう転職できないのでは?」「正社員として採用されるのは難しいのでは?」と不安を抱えている方はいませんか?

自信を失う気持ちは分かりますが、離職期間が長い求職者でも転職エージェントを利用すれば転職できます。

なぜブランクありの人に転職エージェントがおすすめなのか、以下では簡単にまとめてみました。

・離職期間の長さに関わらず求職者をサポートしてくれる
・ブランクができた理由を企業に伝えて推薦してくれる
・書類添削や面接対策など内定率を上げるサポートをしてくれる

無職の間に何もしてこなかった場合、転職エージェントの審査に落とされる可能性はあります。

それでも、仕事に対するやる気があって自分のスキルを高める努力をしている求職者には、転職して正社員になれるように徹底したサポートやアドバイスをしてくれるのです。

転職エージェントは仕事を探している求職者に嬉しいサービスですので、ブランクのありなしに関わらず積極的に利用した方が良いでしょう。

ブランクありの人が転職エージェントの審査を受ける上で押さえておきたいポイント

ブランクがある人は、転職エージェントの審査で無職の期間に何をしていたのか伝えることが大事です。

企業との採用面接のように厳しいわけではありませんが、「仕事に対する意欲がない」と担当のコンサルタントやアドバイザーに判断されると、サポートを受けられない可能性がありますよ。

そこで、離職期間中の有効な自己PRの方法について見ていきましょう。

・「ビジネススクールに通っていた」「資格を取得する勉強をしていた」など取り組んだことについて説明する
・自分が学んだことに対する根拠や、得られた知識やスキルについて説明する
・仕事に対するやる気や意欲をしっかりとアピールする

ブランクの間にダラダラと遊んでいたという理由では絶対に転職エージェントに相手にされないため、自分が行ってきた努力を初回の面談で伝える必要があります。

転職エージェントはブランクのありなしではなく、やる気があってエネルギッシュな求職者を求めていますので、離職期間が長くても人によってはサポートを受けられるわけです。

「ブランクがある」という理由だけで断られることはありませんので、まずは転職エージェントのリクルートエージェントに相談してみましょう。

実績豊富なキャリアアドバイザーが充実した転職サポートをしてくれますので、是非一度リクルートエージェントに登録してみてください。



ブランクの理由別で効果的な採用面接の受け方

一定期間に渡ってブランクがあっても、企業との採用面接でその理由をしっかりと伝えていればマイナスのイメージを面接官に与えずに済みます。

嘘をつくのは絶対にNGですが、採用面接ではブランクに意味を見出して必要な期間だったと説明するのが大事です。

以下ではブランクの理由別で効果的な採用面接の受け方を説明していますので、どうすれば良いのか分からない方は参考にしてみましょう。

資格取得や留学をしていた⇒資格取得や留学の目的や仕事に繋げられる理由を説明する
転職活動が長期化した⇒なぜ転職期間が長引いてしまったのか理由を説明する
ケガや病気を患っていた⇒今は健康体で元気で働けることをアピールする
出産や子育てをしていた⇒子育てをしながらも社会復帰に活かせそうなスキルを磨いていたと伝える

転職エージェントに相談すれば面接の受け方や質問の答え方に関するアドバイスをしてくれますので、ブランクが不安な方は担当者に相談してみてください。

-転職エージェントに関する基礎知識

Copyright© 転職しタイ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.