転職エージェントに関する基礎知識

転職エージェントとの面談の準備!服装はスーツが良い?

更新日:

転職エージェントとの面談内容は?何をするの?

「初めての転職活動で右も左も分からない」という方には、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントに登録すると、転職から現職の退職までの全てを徹底サポートしてくれます。

しかし、サービスに登録して直ぐに求人を紹介してくれるのではなく、担当のキャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーと面談をしないといけません。

「転職エージェントとの面談では何をするの?」と疑問を抱えている方のために、大まかな面談内容についてまとめてみました。

・挨拶や自己紹介(キャリアコンサルタントの略歴や得意分野に関する説明)
・求職者の転職活動状況や転職市場の相場観に関する共有
・転職理由や目指すキャリアのヒアリングや共有
・転職先に求める希望の業界や職種、志向性の確認
・求職者の希望に合う求人や案件の紹介

「自己紹介」⇒「これまでの経歴の確認」⇒「転職先への希望条件の確認」⇒「求人の紹介」という流れですね。

アドバイザーやコンサルタントとの面談と聞いて、「自分でも本当に大丈夫なのか?」と不安を抱える方は少なくありません。

緊張する気持ちは分かりますが、転職エージェントとの面談は企業の採用面接ではなくあなたの現状の確認が目的ですので、リラックスして受けて大丈夫です。

転職エージェントとの面談の準備についてまとめてみた

転職エージェントを効率良く活かして転職活動をするには、初回の面談の準備が大事です。

上記ではリラックスして面談を受けて大丈夫だと説明しましたが、あまりにも準備不足の状態だと次のデメリットがあります。

・転職する意思のない人だと思われる
・やる気がない人だと判断されると転職支援の質が下がる
・自分の希望を叶える転職先を紹介してくれない可能性がある

無料で利用できる転職エージェントは、「何が何でも転職したい」「転職へのやる気に満ち溢れている」という求職者ほど手厚いサポートを受けられるのが特徴ですよ。

ここでは転職エージェントとの面談の準備で押さえておきたいポイントを紹介していますので、きちんと把握しておいてください。

面談当日の服装はスーツでなくてもOK!

転職エージェントとの面談で、「服装はどうすれば良いのか?」「スーツを着用した方が良いのか?」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

企業との採用面接ではありませんので、転職エージェントの担当者からも「服装は自由ですよ」と伝えられます。

しかし、あまりにも常識とかけ離れていると自分のイメージが悪くなるため、転職エージェントの面談の服装で迷っている時は次の点を意識すべきです。

・好感のもてる清潔感のある格好で臨む
・汚れている服やシワシワの服は避ける
・男性はジーンズ以外の綿パン長ズボンや襟付きのシャツを着用する

どうしても着ていく服装が分からないのであれば、最も無難なスーツを着用してコンサルタントと面談を受けてください。

持ち物をチェックしておく

転職エージェントのサービスによって、面談時に指定される持ち物は異なります。

基本的にはメモを取れる筆記用具や、履歴書・職務経歴書などの書類を持参すればOKです。

特に何もなくても追い返される心配はないものの、「この人は転職する気がないのかな?」と担当者に思われると質の高い転職支援を受けられなくなりますので注意しましょう。

転職エージェントのリクルートエージェントの持ち物も他のサービスと基本的に一緒で、筆記用具や書類があれば大丈夫です。

最初の面談で求人を紹介されることもありますので、求人票を入れるクリアファイルを持参してリクルートエージェントとの面談に臨みましょう。



履歴書や職務経歴書を先に送付する

この点に関しては絶対に必要な準備ではありませんが、できる限り転職エージェントに履歴書や職務経歴書を先に送付すべきです。

面談の前にあなたの情報が記載された履歴書や職務経歴書を送っていると、担当のコンサルタントやアドバイザーは経歴を把握できます。

今までの経歴を一から説明する必要がなくなるため、スムーズに面談が進むわけです。

人によっては初回の面談当日に求人を紹介してもらえることもありますので、スムーズに転職したい方は履歴書や職務経歴書は事前に送って充実した面談にする努力をしてください。

-転職エージェントに関する基礎知識

Copyright© 転職しタイ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.