海外転職について

海外転職のやり方や方法

更新日:

海外転職のやり方や方法はこれだ!

海外の企業に転職したいと考えても、「どのような方法があるの?」「どういった仕事があるの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

国内の企業に転職する方法と違い、海外転職はハードルが高くなっています。

このページでは海外転職のやり方や方法について紹介していますので、是非一度参考にしてみてください。

どの国で働くのか決める

海外転職を叶えたいのであれば、まず最初にどの国で働くのか決めないといけません。

日本人が海外で働くに当たり、国別で次のように難易度が変わります。

・アジア圏は働きやすい(フィリピンやタイは日本人の求人が多い)
・中国圏や北米も働きやすい(中国では多くの日本人が働いている)
・欧州や南米は働きにくい(日本人を採用する企業が少ない)

アジア圏などの発展途上国は先進国と比べてみると、海外転職のハードルが低いのが特徴ですね。

思い入れの強い国がそこまでない場合は、国を絞らずに幅広い求人を見て決めるのが良いでしょう。

もちろん、行きたい国の物価や家賃、生活費や治安といった情報は忘れずに調べておくべきです。

3つのパターンから転職方法を選ぶ

日本で働いている人が海外の企業に転職するには、次の3つのパターンから転職方法を選ぶ形になります。

日本企業の海外拠点の現地採用に応募する:海外に展開している日本企業の海外支社や現地法人に雇われる
海外の企業の現地採用に応募する:タイの国内企業や韓国に進出しているアメリカ企業など、外資系企業で現地採用される
駐在員として海外に赴任する:日本企業で国内採用されてから語学力を買われて海外支社や現地法人に出向する

日本企業の駐在員に関しては、必ずしも海外勤務ができるとは限りません。

その代わりに日本人とのやり取りがメインであれば必要最低限の語学力があれば十分ですし、現地スタッフよりも給料が高いのがメリットです。

日本企業の海外拠点の現地採用や海外企業の現地採用も海外転職の方法の一つですが、後者で採用されるのはかなり難しいと心得ておいた方が良いでしょう。

転職エージェントを利用する

国内での転職と同じように、海外転職も転職エージェントが役立ちます。

転職エージェントでは一般的な転職サイトとは違い、質の高い求人を数多く保有しているのがメリットです。

外資系企業の求人も多数ありますので、海外転職を叶えるのは決して夢ではありません。

ここでは海外への転職に強い転職エージェントを幾つか紹介していますので、サービスの選び方の参考にしてみてください。

リクルートエージェント:業界の中でも最大手の転職エージェントで、質の高いキャリアアドバイザーのサポートを受けながら海外転職ができる
JACリクルートメント:国外に8拠点を持つ転職エージェントで、外資系企業や海外案件に強いのがおすすめポイント
Spring転職エージェント(アデコ):スイスに本社を置くグローバル企業で、ここでしか求人を出していない外資系企業も多い
ロバートウォルターズ:顧客満足度が93%と非常に高く、英語力を活かしてグローバル企業にキャリアアップできる
ビズリーチ:管理職や専門職などハイクラス向けのサービスで、海外赴任の求人も数多く取り扱っている

自分で転職サイトや求人サイトを使って海外転職を叶えるのは難しいため、転職のあらゆるサポートをしてくれる転職エージェントに相談すべきですよ。

上記で紹介したサービスの中でも、リクルートエージェントは求人の量やキャリアアドバイザーの質で比較してトップクラスの転職エージェントと高い評判を獲得しています。

海外求人の件数もそれなりに多いので、まずはリクルートエージェントに登録して無料カウンセリングを受けて海外転職を希望していると伝えましょう。



-海外転職について

Copyright© 転職しタイ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.