転職エージェントに関する基礎知識

転職エージェントの選び方で押さえておきたいポイント

更新日:

転職エージェントの選び方で押さえておきたいポイントをチェック!

転職エージェントと一口に言っても様々な会社が運営しているため、どのサービスを利用すれば良いのか迷っている方は少なくありません。

自分に合う転職エージェントに登録して利用することで、理想の転職を叶えることができます。

ここでは転職エージェントの選び方で押さえておきたいポイントを説明していますので、是非一度参考にしてみてください。

転職エージェントの種類で比較する

転職エージェントには、それぞれのサービスで得意分野や得意領域があります。

ざっくりと分けると「総合型転職エージェント」「業界特化型転職エージェント」「求職者セグメント型エージェント」の3つで、大まかな特徴を見ていきましょう。

総合型転職エージェント:ありとあらゆる業種や職種の求人を取り扱っている
業界特化型転職エージェント:「IT向け」「看護師向け」など特定の業界に特化している
求職者セグメント型エージェント:「高年収帯のエグゼクティブ層のみ」「20代前半の既卒者のみ」と求職者の属性を絞っている

転職エージェントの種類で登録するサービスを比較するのは、選び方で押さえておきたいポイントです。

自分のキャリアプランが定まっていない人は総合型転職エージェント、「IT業界に転職したい」と道筋が見えている人は業界特化型転職エージェントが向いています。

求人数の多さで比較する

求人数の多さで比較するのは、転職エージェントの選び方の一つです。

なぜ求人数の多い転職エージェントを利用した方が良いのか、幾つかの理由を挙げてみました。

・単純に転職先の候補が増える
・自分に合う企業を見つけやすい
・今までは考えもしなかった業種が見つかる

求人数が少ない転職エージェントよりも、求人数が豊富なサービスを選んだ方が良いのは何となくお分かり頂けるのではないでしょうか。

業界を横断して大量の案件を持つのは上記で説明した総合型転職エージェントで、中でもリクルートエージェントは業界トップクラスの求人を保有しています。

求人数の約90%は一般のサイトでは公開されていない非公開求人で、その数は何と10万件以上ですよ。

求人数の多さに加えて転職のサポートも充実していますので、是非一度リクルートエージェントを利用してみてください。



アドバイザーやコンサルタントの質で比較する

転職エージェントで理想の転職を叶えるに当たり、在籍しているアドバイザーやコンサルタントの質で決まると言っても過言ではありません。

実際に求人を紹介してくれるのは各社のアドバイザーやコンサルタントですので、自分と相性が合うのかは重要ですね。

そこで、優秀なキャリアアドバイザーとダメなキャリアアドバイザーの大まかな特徴をまとめてみました。

<優秀なキャリアアドバイザー>
・求人の紹介に加えてあなたのキャリア相談に乗ってくれる
・転職の成功のために適切なアドバイスをしてくれる
・豊富な求人の中から要望に合う案件を提案してくれる
・あなたが志望する業界や職種に関する知識が豊富
・人柄が良くて信頼できる

<ダメなキャリアアドバイザー>
・初回面談で特にヒアリングもせずに求人を紹介してくる
・「早く転職した方が良いですよ」と急かす
・内定を貰った後に執拗に受諾を勧めてくる
・「連絡が取りにくい」「レスポンスが遅い」など対応が悪い
・キャリアアドバイザー歴が短くて知識が乏しい

転職エージェントの公式サイトだけでは分からない部分もありますので、アドバイザーやコンサルタントの質は実際に無料カウンセリングを受けて判断すべきです。

サポート内容で比較する

同じ転職エージェントでも、サポート内容には違いがあります。

転職エージェントで実施されている基本的なサポート内容は次の3つです。

・キャリアコンサルティングと企業の紹介
・転職成功に導く履歴書の添削や面接対策
・年収などの内定後の条件交渉

しかし、「20代前半の利用者が多い転職エージェントは面接対策に力を入れている」「IT企業に特化した転職エージェントはセミナーを開催している」など、サービスによって強みは異なります。

求人や案件の紹介が転職エージェントの全てではありませんので、どのように求職者をサポートしてくれるのか比較してみてください。

-転職エージェントに関する基礎知識

Copyright© 転職しタイ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.